神秘のゴマパワー、セサミンを食す

「セサミンとはどのようなものでどのような効能があるの」


セサミンは、ゴマリグナンに含まれる成分の一つで肝臓の活性酸素を低減する作用がある。
最近の研究では、セサミンは若々しさに大変役に立つことが示されました。
健康を維持する面においても優れているということが分かり、学界でも大反響を呼んでいるそうです。
セサミンにはゴマと同じような健康成分が凝縮されている。
私達は日頃の生活でタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、糖質などの栄養素を摂取して体に必要なエネルギーを蓄えているが、その栄養素とは別に若々しさ、健康維持などの面で積極的に摂りたい栄養素フィトケミカルの一つにセサミンもあると言われています。
また、毎日のスッキリのためには、食物繊維を多く摂ること、適度な運動をすることなどと一般的に言われていますが、腸の蠕動運動を促進するためにもセサミンの働きは味方になってくれます。
一日に必要なセサミン量を摂るには、目安として1日10mg必要で、これはゴマに換算すると約3000粒となる。
これだけのゴマを摂取することは難しく、手軽にセサミンを摂りたいならやっぱりサプリメントです。
1日数粒程度で手軽にセサミンを補えます。

セサミンは良い成分だ。

本当に古代の外国では、胡麻は薬と言われてきたほど美容、健康に優れていてとっても健康的な食品だそうです。
昔は薬などが無かったから自然のもので補っていたんですね。
特に胡麻の中の成分、セサミンは最近すごく注目されている成分みたいで、テレビの通販番組や雑誌や色々なメディアで最近よく見る言葉です。
セサミンって名前も私は可愛くって何だか好きです。
胡麻は身体に良いと身体に刻み込まれているので、私も色んな料理に胡麻を使って、セサミンを取り入れたりしています。
胡麻ってそのままでも食べれるし、お菓子にも使えるし、もちろん料理にも入れられるので本当に使える食品だと思います。
私はごま油とか、胡麻の香りも好きだし、胡麻の入ったお菓子も好きです。
これからも胡麻にはお世話になりそうです。