外国人向けだった高級賃貸マンションは、中が素晴らしい

外国人御用達の高級賃貸群

高級賃貸マンションは、これまで、日本駐在の外国人ファミリー御用達のようなイメージがありました。
もちろん、日本人も居住することは可能ですので、金銭的ゆとりはさておき、居住願望はあります。
とりあえずは、どんなお部屋なのか予習をと内覧したことがあります。

セレブが住む都心の高級賃貸を見学してみましょう

内覧してはじめてわかるその設備のグレード

高級とつくくらいですから、セキュリティの充実度、部屋の広さ、設備のグレードなどは、かなりのハイレベルです。
賃貸マンションは、投資物件であることが多く、設備などはまあこんなものだろう、という庶民的なものをよく目にします。
細かく見ていくと、分譲型とあくまで賃貸用にと建設されたマンションでは、それこそ、建物の外観的にも素人にもわかるほど差がありますし、専有部分に至っては、ドアや水回りを見れば、お金をかけているかどうかは歴然とします。

通常の賃貸マンションとは造りの「格」が違います

高級賃貸マンションは、一歩入れば、そこはホテルのロビーのようなエントランスです。
そして、エレベータホールやメールボックスなど、各部分は、ゆとりある広さを誇っています。
共用部分をみても、インテリアセンスに長けていて、季節の花などが飾られ、なんとなくいい香りがしていて、常に掃除が行き届いています。
悪天候の日など歴然としますが、雨で濡れた後の床がいつも手入れされているのがよくわかるのです。
廊下は当然内廊下ですし、大通りに面していたり、住宅専用地域ではなくても、騒音などシャットアウトされています。

ホテルライクの満足行く内外装があなたを満足させてくれるでしょう

専有部分にいざ足を踏み入れると、海外ドラマに出てくるかのような室内にときめきます。
天井は高く、窓もワイドに大きく、まさにホテルライクなのです。
例えば、2年間だけ、など期間を決めて、このような高級賃貸マンションに住む機会を作るのもいいかもしれません。
賃貸生活の難点としてお隣は選べない、ということがあります。
集合住宅ですから、どのような人たちが集合してきているのかと考えてみると、高級な環境ならではの利点が見えてくると思います。