高級賃貸マンションのセキュリティとメリットについて

防犯意識の高まりが一般のマンションにも防犯設備の広がりを加速させています


防犯意識の拡大から、一般住宅や分譲マンション、アパートなどでも、セキュリティシステムを導入するようになっています。
エントランスのオートロックキーや防犯カメラを装備するマンションが増えています。
都市を中心に人気のあるデザイナーズマンションやタワーマンションなどの高級賃貸マンションは、防犯意識が高く、高度なセキュリティシステムを導入しています。

高級賃貸マンションで整備されたセキュリティシステム

警備会社と連携した23時間体制のセキュリティ、共用部分の防犯カメラ、特殊キーや窓シャッターなど、これまで以上に、セキュリティサービスを強化しています。
高級賃貸マンションの占有部分は、ピッキングを防止できるディンプルキーや、ダブルロック、収納タイプのサムターンを導入しています。
ドアスコープの覗きを避けるカバー機能や、来訪者を確認できるモニター付きのインターホンが役にたちます。
映像の鮮明さをキープする機能性やカラー化で、さらに、防犯性を高めています。

深夜も常駐する警備員が安全・安心をサポート

高い防犯レベルをキープするために、共用部分と占有部分のどちらも、24時間制のセキュリティシステムを導入しています。
高級賃貸マンションでは、深夜も警備員を常駐させているので、防犯レベルでは理想的ではないでしょうか。

コンシェルジュによりきめ細やかなサービスも

ライフスタイルの違う居住者の要望に対応できるように、コンシェルジュサービスも充実しています。
管理人の役割だけでなく、キメ細かなサービスを提供してくれます。
高級ホテルのコンシェルジュ並みのサービスを利用することができるので、独り暮らしの方や高齢者にとっても住みやすいでしょう。
コンシェルジュが常駐していれば、緊急の場合や、日頃の生活に関わるトラブルなども、スムーズに解決することができるので、快適で安心したシティライフを実現することができるでしょう。